TOP > 愛写館 近鉄あべのハルカス店 > 成人式以外でもOK!振袖シーン別コーディネート

店舗情報Store愛写館 近鉄あべのハルカス店近鉄あべのハルカス店

成人式以外でもOK!振袖シーン別コーディネート

2018/11/27

成人式以外でもOK!振袖を着るシーン別コーディネートや人気の色を紹介


 
振袖に憧れはあってもかなり高価なものであり、未婚かつ着られる年代が限られ、なかなか着る機会がないように思えてしまうことから、躊躇してしまうという方も多いのではないでしょうか。

「振袖=成人式に着る着物」というイメージが頭に浮かびがちですが、実はほかにも着られるシーンは結構あるのです。

ここでは、振袖が着られるシーンやコーディネート、そしてマナーなどについてご説明しましょう。

■卒業式
成人式以外で振袖を着る機会というと、まず思い浮かぶのが卒業式ではないでしょうか?
成人式を1月に終え(生まれ年や地方によって異なりますが)、そのおよそ2ケ月後の卒業式に着るという方もいらっしゃることでしょう。

卒業式では、振袖をそのまま着る場合もありますが、袴と合わせて着るというケースのほうが多く見られます。

◇袴に合わせて着るなら、中振袖or小振袖
振袖を袴に合わせて着る場合には、全体バランスから見ても中振袖か小振袖がベスト。
振袖には袖の長さが異なる、大振袖・中振袖・小振袖がありますが、大振袖は婚礼衣装、あるいはお色直しの衣装としてよく着られています。

成人式によく着られているのは、袖丈がおよそ100cm前後の中振袖です。この中振袖を袴に合わせた場合には豪華で華やかな雰囲気になり、さらに袖丈の短い小振袖(レンタル袴用としてよく利用されています)と合わせるとアクティブでかわいらしい印象になります。

◇袴と合わせる場合には、色バランスに気を付けよう!
振袖を袴に合わせる場合には、その色バランスがとても重要になってきます。具体的には、振袖の色と同系色、あるいは反対色の袴を選ぶということです。
同系色の袴を合わせるとまとまった印象に、反対色を合わせるとどこかクラシックで「お嬢様感」のある着こなしになります。

卒業式に着られている振袖で、長年にわたって人気があるのは赤色系、そしてクールな青色系です。この場合、赤色系の振袖にはエンジ、あるいはグリーン系の袴を、青色系の振袖の場合には、紺の袴を合わせるようにするとキレイにまとまりますよ。


■お呼ばれ結婚式
お呼ばれ結婚式で振袖を着る、という女性も多いですよね。
振袖での出席は、格が高く見られることから、新郎新婦に喜ばれることも多いでしょう。

◇振袖をレンタルする場合には袖丈・柄・色に注意
振袖を持っていないなどの理由でレンタルする場合には、袖丈・柄・色にも注意する必要があります。

袖丈で避けるべきなのは、大振袖(本振袖)。大振袖は花嫁がお色直しで着る場合もあるので、避けたほうがよいでしょう。

また、着物の場合は布地には地模様が入っているので、そこまで神経質になる必要はありませんが、白系・黄色系などは避けたほうがベター。季節感が感じられる柄や、クラシックでシックな柄がおすすめです。

◇髪飾りは控えめに!
お呼ばれ結婚式での髪飾りは、控えめな色・形・大きさであることがとても大切です。
振袖に合った華やかな髪飾りをつけたいところですが、お呼ばれ結婚式の場合なら、それはNG!

洋服での出席の場合と同じように、花嫁より目立ってしまわないことを心掛けるようにしてくださいね。

◇アップスタイルでシンプルにまとめる
お呼ばれ結婚式で振袖を着る場合には、控えめな髪飾りを選ぶことにプラスして、シンプルな髪型であることも大切です。

ベストなのは、スッキリまとめたアップスタイル。シンプルなアップスタイルには、うなじをキレイに見せ、襟元を汚しにくいというメリットもありますよ。


■お正月


 
初詣や家族親戚での集まりなどフォーマルな行事が続くお正月にも、きちんとした印象のある振袖はピッタリ。また彼と二人で初詣に行く際などに振袖を着ると、違う魅力もアピールできそうですよね。

未婚の女性皇族の方々が、格式の高い行事や場所で着られていることからもわかるように、振袖は未婚女性の最高ランクの礼装とされています。

◇お正月にピッタリなのは、温かみのある色味の振袖
お正月にピッタリなのは、暖色系で温かみを感じさせる、赤色系・ピンク系・オレンジ系です。
新年のお祝いという意味合いで行く初詣では、このような色味でも決して派手すぎるということはありません!

◇初詣に行く場合には、人ごみに気を付けよう
沢山の人が訪れている初詣では、押し合いに巻き込まれてしまうこともよくあります。そうすると気が付かないうちに振袖が汚されてしまっていることもあるので、可能であれば、混んでいない時間帯に行くことをおすすめします。


■振袖を着るときはマナーに注意!
振袖を着るときに気を付けたいのは、マナーにも気を配るということ。
ほとんどの女性は、普段あまり着物を着る機会がないこともあって、知らないうちにマナー違反をしているケースもよく見られます。

◇静々とおしとやかに歩く
振袖を着ているときは、できるだけ歩幅を小さく取って歩くようにしましょう。自分の足のサイズ分ほどが、ちょうどよい歩幅の目安です。

◇袖のたもとに気を配る
袖が長い振袖を着ている場合には、いつのまにか予期せぬところにたもとが付いてしまっていることもよくあります。また、二の腕を挙げた際には両脇が見えてしまうこともあるので、ソッと手で袖口を抑えるようにしてくださいね。

◇椅子には浅く腰掛ける
椅子に座る場合には、帯の形がつぶれてしまわないように、できるだけ浅く腰掛けるようにしましょう。
振袖の帯は、かなり手が込んだ締め方をしているので、特に注意が必要です。


◇食事のときにはヒザに大判のハンカチを載せる
食事の際には、ヒザに大判のハンカチを載せておくと振袖の汚れを防げますよ。


◇お手洗いはできるだけ個室が広い洋式がおすすめ
振袖でお手洗いに行く際には、できるだけ個室が広い洋式を使うようにしましょう。
特別なものでなくても構わないので、裾よけや襦袢を留めておくためのクリップがあると便利です。


■まとめ
振袖は未婚女性の最高ランクの礼装です。
そのため、成人式のほかにも同じようにフォーマルな卒業式、お呼ばれの結婚式などにも向いているとされています。

着られる年代が限られている振袖だからこそ、ルールやマナーを守りつつ、コーディネートを楽しみたいものですね。

ご予約・お問合わせスタジオ愛写館へのご予約お問い合わせは…