TOP > 愛写館 近鉄あべのハルカス店 > 振袖をきれいに着るには補正が必須?

店舗情報Store愛写館 近鉄あべのハルカス店近鉄あべのハルカス店

振袖をきれいに着るには補正が必須?

2018/11/27

振袖をきれいに着るには補正が必須?補正に必要なものと値段を紹介
 


未婚女性だけが身にまとうことを許される振袖。人生において、何度も着用する機会があるわけではありません。だからこそ、きちんと粋に着こなして、写真におさめておきたいものですよね。

そこで、着物の色柄や帯との組み合わせ同様に重要なのが、補正です。ドレスを着るときは、コルセットをつけたりパニエを履いたりして、くびれシルエットを作れるように補正を行います。

その一方で、着物の場合は寸胴なシルエットになるように補正するのが美しく着こなすためのポイントです。
この記事では、補正に必要なものや、体型別の補正方法などをご紹介していきます。

■振袖に補正が必要なのはなぜ?
そもそも、振袖を着るときにはどうして補正が必要になるのでしょうか。その理由は大きくわけて二つあります。一つは美しい着こなしのためで、もう一つは快適な着心地のためです。

◇補正して美しく着こなす
洋服がボディラインに沿って立体的に作られているのに対し、着物はもともと平面的です。
そのため、着用した際にシワやたるみがないように美しく着こなすためには、ボディラインを円柱のようなシルエットに近づけて、凸凹をできるだけ少なくします。

補正せずに着付けしてしまうと、体のくびれたところから着崩れしてしまうので、気をつけましょう。

◇補正で快適な着心地を叶える
補正せずに振袖を着用した場合、帯の締め付けが均等にならないので、場所によってきつくなるなど、快適な着心地が得られません。

また、締め付けている部分に汗をかくことがありますが、タオルなどで補正しておけば汗を吸収してくれるという効果も期待できます。

■補正に必要なものとは
  


補正に必要なものは、人それぞれではありますが、次に挙げるようなものが一般的に使われています。全てをどうしても揃えなくてはいけないというわけではありませんし、着付けをする方によってやり方もさまざまですが、基本的なポイントとして押さえておきましょう。

◇和装用ブラジャー
大きな胸を補正せずに着物を着ると、帯の上に胸が乗るようなかたちになってしまい、不恰好になり老けてみえてしまいます。そんなときは、和装用のブラジャーを使って対策するのがおすすめ。
和装用ブラジャーは、バストを平面的に見せる役割があり、胸まわりをすっきり演出してくれます。

◇薄手のタオル
補正をする際、一番よく使われるのがタオルです。
暑い季節には汗取りにもなりますし、寒い季節は保温性を高めるためにも効果的。やわらかい素材なので、補正に使っていても窮屈感がなく便利です。薄手のもののほうが微調整しやすいため、重宝します。
人によっては1枚で済む場合もありますが、4〜6本ほど用意しておくといいでしょう。

◇脱脂綿(さらし)
脱脂綿は、お化粧に使うものではなくて、怪我をしたときに使うような大きいものを使用します。タオルよりも薄くて調整がきくので、襟元やバスト横などにボリュームをプラスしたいときに便利です。

◇補正パッド
補正パッドがあると、タオルや脱脂綿を使わなくてもいいので便利です。補正パッドには、ウエストパッドやヒップパッドなどがあり、キルティング調のパッドに紐が縫い付けられているようなスタイル。
補正パッドはタオルなどを使ったときのような細かい調整はできませんが、自分で着付けるようなときには頼れる味方です。


■体型別の補正方法
補正は十人十色です。体型次第でやるべきことが全く異なってくるもの。自分の体型に合わせた補正方法を選びましょう。

◇バストが大きい
胸元がはだけやすくなるので、和装用ブラジャーやさらしでボリュームを抑えます。

◇バストが小さい
タオルでバストアップさせましょう。ボリュームをアップさせる和装用ブラジャーを使うのもおすすめです。

◇ウエストにくびれがある
くびれた部分にタオルを巻いて筒型の体型に近づけます。

◇ヒップラインにくぼみがある
おはしょり部分が着崩れしないように、タオルでボリュームをプラスしましょう。

◇上半身全体にボリュームが足りない
タオルを縦長に二つ折りにして、胸元からバストサイドに当てましょう。または、脱脂綿を使ってもOKです。


■補正道具の値段とは
補正に使用する道具はどのくらいの価格帯なのでしょうか。順番にご説明します。

◇和装用ブラジャー
和装用のブラジャーは、メーカーやブランド、機能によって価格帯が広いアイテムです。
高価なものなら1万円近いものもありますが、2,000円ほどのお手頃な価格のものもあります。

◇薄手のタオル
基本的には温泉などでもらえるような薄手のものが便利です。購入する場合は100均でもいいですし、通販を使えばさらに安いものも手に入ります。

◇脱脂綿(さらし)
脱脂綿やさらしも、低価格で販売されています。
たいていは10メートル近い分量で売られているので、一度購入すればしばらく使えますよ。

◇補正パッド
補正パッドは、幅広い価格帯で展開されています。お手頃価格なら3,000円前後で、高額なものだと1万円ほどするものも。
ヒップパッドや腰パッド、胸元用のパッドなど補正する部位によってもパッドのタイプが変わるので、用途に合わせてチョイスしましょう。


■まとめ
振袖を美しく着るには補正が不可欠です。補正をすることで、きれいに着こなせるだけでなく、着崩れしににくく快適な着心地を得ることもできます。

補正に必要な道具としては専用のブラジャーやパッドなどもありますが、一番多いのは薄手のタオルを使う方法です。価格帯はお手頃なものが多いので、自分の体型に合ったものを賢くチョイスして、美しい振袖姿を手に入れましょう。

ご予約・お問合わせスタジオ愛写館へのご予約お問い合わせは…