TOP > 愛写館 横浜本店 > 成人式で振袖を着たい!着付けの仕方や必要なものとは

店舗情報Store愛写館 横浜本店横浜本店

成人式で振袖を着たい!着付けの仕方や必要なものとは

2018/10/05

成人式で振袖を着たい!着付けの仕方や必要なものとは

 成人式振袖着付けの仕方や必要なもの

大人の女性の第一歩となる成人式こそ、振袖を着て参加したいと思う方も多いでしょう。
着付けは着付け経験者にお願いするのが一般的な方法ですが、自分自身で着付けをするのも良い勉強になるはずです。

今回は、振袖の着付けで必要なものと、着付けの方法について解説します。

■成人式の振袖は自分とお店、どちらで着付けする?
着付けは美容院や呉服店などのお店に頼むと、当然ながら着付け料金がかかります。着付けがまったくできない方なら、お店に頼む方法を選択するのが当然の流れとなるでしょう。

一方、留袖や訪問着などの基本的な着付けができる方は、「振袖も着付けができるのでは?」と思うはずです。

しかし、振袖に関しては、ひとりで着付けをすることは不可能なのです。

なぜなら、振袖独特の長い袂や、振袖に適した帯の違いなど、留袖や訪問着の着付けとは「別物」といえるからです。
どうしても自宅で着付けをしたい場合は、着付け方法を知っている母親や祖母など、身近な人に手伝いをお願いしましょう。

■振袖の着付けに必要なもの
 
成人式振袖の着付けの仕方や必要なもの

振袖の着付けをするためには、次のものを一通り揃える必要があります。
着付けの当日に足りないものがないように、しっかり確認しましょう。

<着物・帯・小物等>
・振袖
・帯…振袖を固定するベルト代わりになるもの
・帯締め…帯の中央に結ぶ紐のことで、飾り付きの振袖用がおすすめ
・帯揚げ…帯の上に見える布のことで、帯が下がらないように固定するもの
・伊達衿(重ね衿)…着物を「重ね着」しているように見せる布のこと。衿に差し色が入ることによって、より華やかな印象になる
・足袋…寒さが厳しい成人式には、防寒用の足袋がおすすめ
・草履、バッグ、髪飾り
・ショール、和装コートなどの防寒着

<下着・補正>
・肌襦袢…上半身に直接着る、薄い生地の肌着のこと
・裾よけ…下半身に着用する肌着で、着物の裾さばきがしやすく、着崩れせずに歩きやすい効果がある
・長襦袢…肌襦袢と裾よけを一体化した、着物と同じ形の肌着のこと
・半衿…長襦袢の衿にかぶせて縫い付けることで、衿の汚れを防ぐことができる
・衿芯…縫い付けた半衿の中に入れる芯のことで、ピンとした衿を保つアイテム
・補正パッド…ウエストと胸の凹凸を埋めて平坦にするもの

<小物類>
・腰紐…腰回りに巻く布のことで、着崩れ防止効果がある
・伊達締め…薄い生地の帯のようなもの。腰紐の上に巻いて固定して、おはしょりを作る
・前板…帯のシワやヨレを防止し、美しいシルエットを作るもの
・後板…背中側に入れることで、帯の飾り結びがキレイに決まる
・帯枕…飾り結びでボリュームを出すために、帯の中に入れる道具

<あると便利なアイテム>
・和装ブラジャー…胸をキレイな形に押さえる、着物専用のブラジャー
・三連紐…重なった3本のゴム紐の両端に紐が付いているもので、帯の飾り結びを作るときに便利
・和装ベルト…伊達締めの代わりになる
・着物クリップ…着付けで衿や帯を一時的に固定したいときに便利

なお、振袖をレンタルする場合は、振袖と合わせて上記の小物などもセットでついているケースもあります。
その際は、自分で用意しなければならないものは何か、前もってレンタル店に確認をしておきましょう。

■着付けの手順を紹介!

着付けは、「下着→補正→襦袢→着物→帯」という順番で身に着けるのが基本です。着付け経験がない方こそ、着付けの手順を知っておくことをおすすめします。

着付けを始める前に、まずは下着です。
足袋を履き、和装ブラジャーや肌襦袢を着用しましょう。
胸の高さの凹凸を埋めるための補正として、下着の上から補正パッドを胸の上に巻きます。
その後、腰紐を交差させながら巻き、前で絡めるように結びましょう。

補正の次に着る長襦袢は、半衿の部分に衿芯を入れて下準備をします。
長襦袢を羽織ったら、袖口を持って両手を横に伸ばし、背中の中心と長襦袢の中心を合わせましょう。

次に、衿先を揃えて持った後、背中の中心を下に引っ張って「衣紋抜き」を行います。衣紋抜きとは、首の後ろの衿を開くことで、握りこぶし1つ分が適切な大きさです。
そして、衣紋抜きを崩さないように前を合わせ、腰紐や和装ベルトで長襦袢を固定しましょう。

長襦袢の準備が終わったら、次は着物に取り掛かります。
着物は一度羽織ったら、衿を持ったまま空気を含ませるように羽織り直しましょう。
その後、着物の下を持ちながら、右手前(下前)を左の腰元へと持っていきます。右手前を持った手はそのままに、くるぶしが隠れる程度の長さの位置で固定します。
そして、反対側の左手前(上前)も同様に、右の腰元へと持っていきましょう。

腰紐を巻いて結んで固定したら、おはしょり(お腹の下の余った生地)を整えます。おはしょりは正面から見て、「左右を少し上に上げる」ことがキレイに見えるコツです。
腰紐よりも太い胸紐を使って胸の下の部分を固定したら、胸元の衿も整えましょう。胸紐の上に伊達締めを巻いたら、帯を巻く下準備が完了します。

次は帯の結びに入りますが、今回は振袖の帯結びの定番「立て矢結び」で説明します。

まず、手先(巻かない部分の帯)を60センチくらい残し、それを縦半分に折って右肩にかけておきます。胴にしっかりと二度巻きしたら、その時点で1回結びましょう。
たれ先(巻き終わりの帯)を三つ折りにして、ヒダを付けてリボンのような形にしたら、中心をゴムで留めます。

そして、帯枕を包んだ帯揚げをリボンの中心付近に当て、帯締めを身体の前で結びます。
肩に置いておいた手先を下ろしたら、帯締めを使ってしっかりと締めましょう。
最後に帯のヒダや形をキレイに整えたら、立て矢結びが完成します。

この結び方は立て矢結びの基本で、振袖にはアレンジしてより華やかにすることが主流です。また、文庫結び、二重太鼓結びも振袖の帯結びによく使われているので、自分好みの結び方を探してみましょう。

着付けの手順をこのように文字にすると、かなり大変に感じることでしょう。しかし、ひとつひとつ覚えていけば、浴衣や訪問着などの基本的な着付けはできるようになります。

■まとめ
振袖を着付けする方法について、お分かりいただけましたか?

振袖は最低でも1~2人の手伝いがないとキレイに着付けできないので、自宅での着付けは手伝いが必要です
また、成人式シーズンはどこも混雑するので、美容院は早めに予約しましょう。
着付けに必要なアイテムは種類が多いので、チェックリストを作って確認する方法も効果的です。

そして、着付けの手順を知ると大変に感じますが、キレイに着付けできた喜びはとても大きいもの。着付けを頼むのも1つの方法ですが、着付けに興味がある方こそ、教室に通ってみるのも良いでしょう。

ご予約・お問合わせスタジオ愛写館へのご予約お問い合わせは…